社会貢献活動

エネフリの社会貢献活動

未来を担う子どもたちが直接スポーツに触れ、親しむ機会を提供することで子どもたち、その中でも特に児童養護施設の子どもたちの健やかな心を育てる情操教育のサポートを行っています。

創業の地であり現在も本社を置いている大阪の活性化サポートの意味も込め、同じく大阪を拠点として活動しているB.LEAGUE1部所属のプロバスケットボールチーム「大阪エヴェッサ」のスポンサーを2017年より務めています。
また、和歌山県白浜町で開催されるテニス大会「HIKI OPEN TENNIS」の2018年、2019年大会に特別協賛しました。
(2020年からは新型コロナウイルス感染拡大のため、HIKI OPEN TENNISの開催を見送っています。)
※「B.LEAGUE」は日本のプロバスケットボールリーグです。

子どもたちに笑顔を

未来を担う子どもたちの心豊かな成長のためには、社会全体で子育てや教育を応援し支えていくことが必要であると考えています。
エネフリは子どもたちの感性を育むサポートとして、そして、子どもたちに笑顔を届けるために活動しています。

大阪エヴェッサの試合観戦ご招待

大阪府下の児童養護施設の子どもたちに大阪エヴェッサのホームゲーム観戦チケットや応援グッズの寄贈を毎年行っています。
スポーツイベントを通じて、子どもたちへ笑顔を届けることができればと願っています。

招待した子どもたちからいただいたメッセージ

冠試合を主催

2018年からはエネフリの名を冠した冠試合を毎年主催しています。
試合を主催することで、大阪エヴェッサの活動を支援するとともに地域の皆さまがプロスポーツに触れる機会を創出しています。

企業情報トップ へ戻る